読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なすびの戯言

大学生です。思ったことを書いてます、駄文ですがよろしくお願いいたします。

日曜日のファンファーレ

 

 

 

 

幼い頃

 

私は日曜日の夕方、決まった時間にファンファーレを聞いていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がテレビを見ていると

じいちゃんが必ずやってくる

 

 

 

 

「チャンネル回すぞ」

と言って

 

 

 

 

 

ドラマの再放送などを見ている私はちょっと不満を持ちながら、

じいちゃんにリモコンを託す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じいちゃんはチャンネルを8に、

スポーツ新聞を広げ、

鉛筆持ってじっくり考える

 

 

 

 

 

 

 

しばらくして子機を手に取り、機械アナウンスに従って番号を打ち込む

 

 

 

 

それが終わると、じいちゃんはテレビを見ながらその時を待つ

 

 

 

 

 

 

 

 

15時40分

 

 

 

 

 

 

 

ファンファーレがテレビから流れる

 

 

 

 

 

 

 

間もなく18頭の馬達がゲートに入り出走

 

 

 

 

 

 

 

 

アナウンサーの早口な実況とともに

じいちゃんは、刺せ!逃げろ!などとテレビに向かって言っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

レースはあっというま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じいちゃんは、だいたいガッカリして部屋を出ていくことが多かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼い私でも、じいちゃんが馬の着順を当てようとしていることは理解していた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく「サザエさんのエンディングをきくと日曜日の終わりを感じ憂鬱になる」

と言われているが、私の場合はこのファンファーレだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを聞くと

「あぁ明日からまた学校か」

と思っては憂鬱だった

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日の夕方と、このファンファーレが本当に嫌いだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憂鬱のファンファーレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから数年経って、

いつのまにか私は競馬にはまっていた

紛れもなくじいちゃんの影響だ

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日は、近くのウインズに馬券を買いに行く

じいちゃんと一緒にみんなの競馬を見て

いる

刺せ!刺せ!と言っている

年に数回は府中競馬場へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、あのころ憂鬱で大嫌いだったファンファーレは、貪欲のファンファーレと化していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週日曜日の夕方が楽しみで仕方ない